FC2ブログ

DreamingSunday

そのとき好きなものをレポるブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

Gファンタジー11月号感想

遅くなりました、オズギルというか主従的に超展開の今月号、やっと入手いたしました。
もう、もう、ギルバートォォォォォォォォ!な簡単な感想は追記よりどうぞ。



ギルバートよくやったよ!!!
ショックやら悲しみやら色々あるけれど、一番強い気持ちはこれです。
ギルがオズを撃ったのは、グレンの言葉に反応したというより、契約に縛られている左手が勝手に、というのも救いでした。
ギルの心の中にいたのはグレンじゃなかった。オズだった。
「この手にはなにもなかった」というオズの絶望を、左手をなくした姿でオズの前に再び立つ、そのことでぬぐい去ってくれたのだと思います。
今回ほどギルバートをかっこいいと思ったことはありませんでした。
もしかしたら初めてかっこいいと思ったかもしれない。
今度こそきちんと「オズ」の従者としてオズの前に立った気がしてすごく嬉しかったです。
その代償として左腕をなくした、というか捨てた?ことに関してはとっても胸が痛むのですけども。
だってもうギルは、オズを両腕で抱きしめられないのですよ!!!
本人は納得しているでしょうが、そんなギルを前にしたオズの心中を思うとたまらなくなります。
だってギルは傷だらけ。
胸にも、背中にも、今度は左腕。
死なないとはいえ、痛みがないわけはないですよね。
でもそれすらもためらわずに捨ててしまったほど、ギルは馬鹿だった。オズ馬鹿。
一番大切なものがオズだとちゃんとわかっていた。
だからやっぱり、すごく悲しいけど嬉しいのです。

次号のセンターカラーはオズ&ギルだといいなーと思います。
もしかしてオズが泣くんじゃないかとか。願望ですが。


本編も色々事実が判明していますが、正直難解で理解が追いつかないので読むにとどめます。
オズとギルがきちんと主従に戻れた。
それだけでとても嬉しいです。


で、オズとギルは最終的に結婚するんですよね。
オズが「ごめんね、オレのためにお前は傷だらけだ」って撫でてあげて、「お前から抱きしめられないなら、オレがずっと離さないから」って抱きしめてあげてください。
オズの体がどうなるかわからないのでこの先が読めませんが、ここまできたらもう!二人で幸せになってほしい!



ところで私は、十うん年前にも、当時最愛のCPの片割れが左腕をなくす事態に出会っていましてね、なんだ、業でしょうか。
当時は封神演義でしたが。
ギルは右利きなので一人でなにもできないほど困る!ってことはないと思うんですけど、やっぱり不便ですよね。
そして本人が納得しちゃってるのであまり葛藤とかはないと思うんですけど、オズですよね。
オズの心の痛みをどうするか、それが問題です。
スポンサーサイト
別窓 | パンドラ関係 感想 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<アルカナ同人情報 | DreamingSunday | SPARKお疲れさまでした!>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| DreamingSunday |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。