DreamingSunday

そのとき好きなものをレポるブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

Gファンタジー10月号感想

Gファン感想です。
今月は素早いよ!
なんだか色々衝撃的な今月号。
ネタバレ注意ですよ。



はーちゅはオスカーおじさま!
チェシャ猫で一回衝撃を受けたので今回は大丈夫……なはずがあるか!
オスカーおじさまほんとノリいいですね…(とおいめ)


なんだか色々盛大にひっくり返されてしまった今月号。
ていうか首狩り編って終わったんじゃなかったのか。まだ続いてたのか。
てっきりリーオ=バスカヴィルで一回終わったんだと思ってました。
とりあえず順を追って。
シェリル様を襲撃したのはバルマ公だったらしい。
ショックです…あんなにシェリル様大好きだったのに。そんなことをする人じゃないと思ってたのに。
目的のためならなんでもする人だけど、シェリル様まで手にかけるとは思わなかった。
「ギリギリ急所を外れていた」というのが彼の心であってほしいです。心からそう願う。
若シェリル様び、美人…。
レインズワースとバルマの約束。
レインズワースの鍵はシェリル様のイヤリングだったらしいですが、私は最初てっきり、片方がレインズワース、片方がバルマの鍵だと思ってまして(バルマ公が渡してたし)
でもバルマ公は片方しか持っていかなったってことは違いそうですね。
単純にバルマ公からのプレゼントのイヤリングにシェリル様がレインズワースの鍵を入れた、ってことかな。


オズのもとにシャロンちゃんの交信とエクエスが。
エクエスに乗るオズさま。かっこいい!
アリスは本当に素手で戦うらしいですね。
いや、でもエコちゃんに通じるのかなこれ。
ヴィンスとギルの対峙。
「なぜ…おまえが首狩りなんだ」問いかけるギルに「全てはギルのためだよ」と言い切るヴィンス。
そして「この世の誰よりもギルが大切だ 好きだ 愛してる!」との猛攻。
おおお…愛してるまで言われてしまった…
次のコマで引いてるギルのポーズがちょっと気持ち悪い(笑)しかしそこがかわいい。
「ギルには何も わからなくていいんだ!」と言われてぶちぎれるギル。
「(っふ)ざけるなこの馬鹿があぁぁ!!!」
最近キレギル多いですね。
ブレイクにもやめろこの馬鹿って言ったばっかりなのに!
珍しくかっこいいギルのターン。
「それよりもまず オレの幸せを!!おまえが!!勝手に決めるなよ!!!」
ヴィンス、すごい意表つかれた顔しましたね。
「オレを幸せにしたいって言うんならなぁ!」
「まずはその私生活を正せ!人形を切り刻むな!!夜遊びをやめろ!!」
おかんかお前は!というつっこみはさておき。
このセリフって、「オレが幸せになるためにはお前がいないと駄目なんだよ」って意味にとれると思うんですけどどうかな?それはヴィンスに伝わるのかな?
ヴィンスは「ギルの幸せには自分が不要」って思ってるわけで、そこを根底から覆されてしまったわけですがどうでしょう。
とどめに「バスカヴィルなんかと…一緒にいるのはやめろ…!」。
ギルの気持ちを聞いて、自分の存在を願われて、ヴィンス揺らいじゃいそうだな。
このあとどうなるものか。でもヴィンスは多分全部知ってるんだよなぁ…ジャックのことも…。
そしてヴィンスを押し倒して説教するギルのコマが何気にシュール。額小突いてないか…。
ギルとアリスをオズが迎えに来て。
一旦戦線離脱。
ああよかったオズとギル離れなくて。
って思ったけど甘かったよ!このあと更に酷いことになったよ!
「あーあ 逃げられちゃったか…」のあとのコマのヴィンス。
なんかすごいぐるぐるしてる気がするんですね。ギルに言われたことで。

リーオ達によるパンドラ襲撃。
ギルに先に行けというオズ。
「ギル 頼む」この言葉がすごく重い。
オズが一人で戦うってことは、ビーラビットの力を使わざるを得ないってことで、ギルも多分それがわかっていたはず…?あの顔はそういうことじゃないかな。
この言葉だけで別れてしまったオズとギルが…!
このあと色々あって、オズとギルははたして無事に再会できるのかな。
ギルの記憶、百年前の真実を重ねると一緒にいられない、という可能性を感じてしまいました。
そんなのは絶対嫌で、最後にはオズとギルは一緒にいることを選んでくれると信じたいけど!
これがお別れになんてならないでほしいです。
鎌をふるってジャバウォックと対峙するオズ。
リーオを止めようとするオズに、『友達』を否定するリーオ。
「「エリオット」という存在を通してたまたま出会っただけ」「「彼」を通してお互いを友人だと勘違いしていただけだよ!」
リーオが…もう…言葉にならない。
「またね、オズ君」って言ったじゃない。
エリオットを通して、じゃないよ。
確かに友達だったはずなのに。
オズの刻印が一つ動いて、半分。もう半分…!
アリスの身体が透けて…?
刻印が進むとアリスの存在が不確かになっていく。
それってもしかしたら、オズの刻印が回りきったらアリスは消えてしまうんじゃないか?
アリスのビーラビットの力はどんどんオズに移っていく。
オズが何者か、アリスが何者かという根底に関わることですが、そんな想像をしてしまいました。

ところ変わって封印の石方面。
バルマ公とブレイクの対峙。
ギルが追いついてきて、封印の石のありかへ。
そこへヴィンスも追いついてきて。
銃を構えているものの、このヴィンス、目に力がない。揺らいでるよね?
「もし思い出したら もう元の場所にはいられなくなる」それはつまり、オズのもとにいられなくなるということ?
ヴィンスをかばって撃たれたギル。
ギルバート!!!
すごくショックなのに、ギルは死ぬわけがない!とも思っていました。
でもわからないよね、エリーはそう思っていたのに死んでしまったし。

またしてもところ変わってオズとリーオ。
オズの言葉がとても優しくて。
エリオットもリーオも大切な友達だと、そう思っていたからこそ出る言葉のはずで。
「今のリーオを見たら エリオットなら必ず一発ぶん殴る!!」
一発リーオを殴るオズ。
このあとのリーオの吹き出しが通常(バスカヴィルの吹き出しじゃない)なんですが…?
そのあとの「オズ君…」はまたバスカヴィルでしたけど。
エリオットの思い出。
このリーオの顔が…!ほんとに悲しすぎる、どうしてリーオは一人になってしまったの。エリオットにおいていかれてしまったの。
オズとリーオが相容れそうになった瞬間、リーオを貫く鎖。ジャック…!?
↑このコマの衝撃が強すぎてちょっとかすみそうですが、右のコマ、オズが泣いてる…!?オズが!?

ギルとヴィンス。
ギルの記憶、サブリエの悲劇。
「こっちへ来るな!!ギルバート!!」このセリフはグレンのもの!?
そしてギルを斬ったのはジャック…!?
ギルのマスターってジャックじゃなくてグレン…!?
「オレはこの程度の傷で死んだりしない」幾度危ない目にあっても死ななかったのは、もしかしてギルがバスカヴィルだか、ら…?
バルカヴィルの民、というかグレンに近い存在だから、かな…。
ギルが「バスカヴィルなんかと…一緒にいるのはやめろ…!」と言ったときヴィンスが「バスカヴィルなんか…?」と言っていたのって、もしかしてこのせい?ギルもこっち側なのに、ってこと…?
「君の小さな可愛い従者を」ジャックはやっぱり意図的にギル(現在ギル)を「100年前の主人=ジャック」だと思い込むようにリードしていたのかな。
だからギルが「護れなかった主人はあなたなのでしょう!?」と聞いたとき肯定も否定もしなかった。
封印の石から出てきたのはグレンの首…!?
ギルも、バスカヴィル組も、ヴィンスも騙されていた?封印の石について。
オズに囁くジャック。
「邪魔なんだよ」……!?
記憶が戻ったギルが心配です。

「親友も地位もいらない 私にはただ君さえいてくれればいい!」このセリフって本当はジャックのもの!?
じゃあ100年前のあれはどういうこと?
もう混乱しそうです。
ジャックとレイシー(見た目アリス)の出会い、え、次号「全ての始まり、そして全ての悲劇が暴かれる」ってどういうこと!?
サブリエの悲劇の真相が遂に!?



さて…なんだか信じていたことが根底から覆されたわけです。
多分このショックを百倍くらいにすると今ギルの受けているショックになるんだろう。
ギルやオズを助けてくれていると思っていたジャックが全ての元凶…!?
これを念頭に入れて最初から読むとまた混乱しそうだなぁ…。


さて。
ドラマCDのアフレコレポートが載っておりました!
「好みの下着の色」「何カップ以上が許容範囲なのか」誰だこのセリフ言うのー!!!すごい気になる!!!
「パンツについて語るエリオット」「オッサン臭いリーオ」ちょっと待てぇぇぇいいのかこんな!リーオはふとももなのか!?
いや、でも本編が大混乱だけに、安心して聴けそうな内容で良かったです…うん良かった…。
楽しみですね!
スポンサーサイト
別窓 | パンドラ関係 感想 | コメント:2 | ∧top | under∨
<<9月カレンダー | DreamingSunday | Gファンタジー9月号感想>>

この記事のコメント

お早い感想ありがとうございます。
このネタバレを読んでいて衝撃が走りました。
随分と話が進んだようですね。
最近はあまりパンドラのことを考えていなかったのですが、これを読んでいて一気に引き戻された感じです。

ジャックがオズに邪魔って言ったのですか?
それは流石にショックです。
ジャックが本当は悪なのではないかという話は実際出ていたのでそこまで驚くものでもないのですが、いざこういう話になるとえーってなりますよね。

オズとリーオが友達ではないというのは私も感じていました。
ただ単にエリオットを挟んでの関係っぽかったです。
でもユラ邸でオズとリーオが二人きりになってからは、オズはリーオのことも友達だと思っていたんだな、と思えたのですが。

ヴィンスがなんとも言えないですね。
ギルがようやくヴィンスに自分の思いを伝えてくれたようで嬉しいです。
ヴィンスの「愛してる」は流石に驚きますね。
そう言えば、アニメ版のドラマCDでは「愛してる」って言ってましたね。
これからギルとヴィンスの仲が良くなればいいなと願っています。

ギルがとうとう記憶を思い出しましたか。
ジャックがマスターだという話自体が引っくり返されたことは驚きです。
ということは10巻のあの怪しい老人はグレンの知り合いなのでしょうか?
ギルってこれまで何度も斬られてきましたが、尽く無事でいますし、何か意味があると思っています。
だから今回もギルは死なないと思います。
そうでなくても、もしエリオットのように死んでしまったら困りますよね。
ギルはパンドラの第2の主人公のようなものですから。
ギルが死んだら悲しいですし、それ以前にギルが死ぬなんて考えられません。


長文になってしまいました。
わかりづらい文章でごめんなさいでした。

2011-09-17 Sat 15:54 | URL | 満月 #OARS9n6I [内容変更]
こんにちは、コメントありがとうございます。
あまり頭のいい考察などは書けないのですが、少しでも楽しんでいただけていたら嬉しいです!

> ジャックがオズに邪魔って言ったのですか?
あ、すみません、わかりづらかったですね、正確にはジャックがオズに「(グレンが)邪魔なんだよ」って言ったのです。

今月号は色々急展開でした。
ページ数も多かったですし。
ギルの記憶や秘密など一気に明らかになりましたし、来月号がまた恐ろしいです。……楽しみなんですけど、ね!
2011-09-18 Sun 11:28 | URL | 白子 #KGAhWzec [内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| DreamingSunday |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。