DreamingSunday

そのとき好きなものをレポるブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

原稿の途中ですが、ウスリゾのお時間です。

ええ、ウスリゾです。
前のジャンルの前のCPです。
原稿中ですが、もうだめ萌えが限界地点を突破した。
というわけで、ちょこっと前のジャンルを語ります。
とばしても全然問題ないです。



今週のジャンプを、何日かけるんだという遅さでだらだら読んでいたのですが(しかもまだ読み終わってなかったりする)、ジャガーさんに萌えが爆発しました。
ジャガーさん「漫画とかで崖から落ちたキャラはたいてい生きているというな!(うろ覚え)」
崖から落ちるだってー!!!!!
ウスリゾじゃないか!うすたさんじゃないか!うすたさんちゃんと生きてたもんねっ!
ウスリゾですよ、stop fall in loveの崖ですよ!りぞがうすたさんに落ちた瞬間ですよ!愛のメモリアルですよ!とにかくウスリゾですよ!はぁはぁ!
とてもまずいことに、ウスリゾ萌えで酸素不足です。ウスリゾ読みたいよー!!!
崖はね、いいですよ…名場面です。
「オレのために、もう誰も死なせたくはないんだー!父上、母上、オレに力を…!」←りぞの108マシンガン!かっこいい!
「リゾット、オレの手につかまれー!」←このシーンのうすたさんがかっこよすぎる。あんなにしっかり手を握っちゃって…!
「なぜオレを助けてくれたんだ?」←ツン!りぞのツンがちょっと溶けた!
「父上、母上、そしてウスターのために、オレはこのグランシェフ王国を取り戻してみせる!」←家族と同列になっちゃってる。もう家族同然ですか!?
伝説の崖は、弱っちくてへたれで情けなかったうすたさんが、初めてかっこいい姿を見せた名場面!
もうね、こういうの弱いんですよ…普段へたれキャラがかっこいいと。
恋に落ちたりぞと同時に私もウスリゾに落ちました。
しかもここまで、うすたさんとりぞ、ほとんど接点ないんですよね。
この崖で一気に距離が縮まってしまったわけですよ。
まぁこのあともほとんど接点ないわけですが。
ここで「ああ、これは確実にウスリゾだな。ウスリゾ以外ありえん」と思って、CPが決定したあとにネットで色々探してみたら、まさかの王道じゃなかったというオチでした。
王道じゃないどころかマイナーカプでした…なんということ。
王道カプが人気ある理由もわかるんですけどね…一般受けするのはそっちだと思うし。
でもねぇ、ここまで劇的なフラグを見せつけられてしまったらねぇ。
というわけで、マイナーカプにがつんとはまってしまったのでした。
りぞときたら、うすたさんが復活したときにすっごい嬉しそうな、っていうか優しげな笑みを浮かべちゃうんですよ!
もうこれ落ちてるだろ!
うすたさんは崖から落ちたけど、りぞは恋に落ちただろ!
でもね、りぞはにぶい子だから割と長いことそれに気付かなくて紆余曲折の上に結ばれるといいです(ここから妄想)
りぞはうすたさんと結婚して立派な王様になればいいのです。
子供は問題ないです、なんてったってコロケの世界では、『貯金箱(バンク)を禁貨でいっぱいにすればなんでも叶う』!
息子は多分猫耳になりますけどね…
ウスリゾはぁはぁ!りぞもうすたさんも愛してるよ!
今でも大好き!!!



はぁ、書いたらだいぶ発散できました。
では原稿やってきます。
スポンサーサイト
別窓 | ウスリゾ関連 | コメント:0 | ∧top | under∨

ツンデレのうた~ウスリゾremix~

うっかり載せるのを忘れていました。
結構な前に書いたSSです。
以前友人・山木さんに「オススメの曲」と紹介された『ツンデレのうた』という曲が気に入ったのでウスリゾにしてみました。
というわけで、このSSは山木さんへ!
追記からどうぞでーす。


都合により既にSSページに再録済みです…というわけで小説ページでも読めますよん。
やっぱりもっと早く出すべきだった…orz
別窓 | ウスリゾ関連 | コメント:0 | ∧top | under∨

美少年が好き主張・2

前回『美少年が好き主張』を書いたらどうしても続きが書きたくなってしまったので、こちらもアップ。
いつかまとめて小説ページのどこかにつっこもうと思います。
別窓 | ウスリゾ関連 | コメント:0 | ∧top | under∨

美少年が好き主張

最近よく人から「ショタ好き」「ショタコン」と言われますが、厳密には私はショタ属性ではないのですよ!
小学生以下の完全なるショタには萌えません。
13~15才くらいの大人になりかけた少年が好きです。
大人になりかけの不安定な美しさ…そこに見え隠れする子供っぽさがたまらないのです。
そして基本的に美少年にしか萌えません。
将来絶対美形になるぞ!という美少年が好きです。
イケメンではないのです。美形です(こだわり)
あと、萌え的な意味では二次元にしか興味はありません。
現実の13~15才の少年なんてただのガキです。
リアルに弟がいるので三次元の少年に夢なんて見られませんとも!
そんなわけで…私の属性は『13~15才あたりの美少年』であると主張したいです。
美少年はいいですよー…夢が詰まっています。

そんな主張を文章にしたらこうなりました。
追記からどうぞー。
ここに載せる以上、当然ですがウスリゾです。
長さの問題で小説ページに載せようか迷いましたが、単なるやおいなので(※やまなしおちなし意味もなし、の意)こっちにつっこんどきます。


別窓 | ウスリゾ関連 | コメント:2 | ∧top | under∨

結婚しました。

昨日みくしのニュースで見つけて噴きそうになりました。
同内容のニュース↓
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1240381646308.html

コロッケと焼きそばが結婚したんですって…婚姻届も出したんですって…
まさかのヤキソバ×コロッケ!!!orz
よりによってヤキソバ…コロッケ、ヤキソバと会話したことあったっけ!?(爆笑)
多分我が家の場合こうなります。


+++++


神父さん「さぁ、指輪の交換を…」
「ちょっと待ったぁー!!!(ズゴーン!)」
神父「な、何事だ!」
師匠「コロッケ!お前本当にそいつと結婚するつもりか!なんでそいつなんだ!?百歩譲って嫁に行くのは許しても、なんで相手がそいつなんだ!!!」
神父「お父さん!式の途中ですよ!」
コロ「父さん…父さんが許してくれないからオレ、こっそり式をあげることにしたのに!どうしても許してくれないんだね…」
ヤキソバ「そうですよ、お義父さん!オイラ、コロッケを絶対幸せにしま…」
師匠「黙れ、お前にお義父さんと呼ばれるいわれはない!!!どうしてもコロッケが欲しかったらこのオレを倒してからにしろ!」
コロ「やめてよ父さん!オレ、もう子供じゃないよ!」
ヤキソバ「…わかりました。お義父さんに認めてもらうためにもお義父さんと戦います!」
コロ「やめろよヤキソバ!そんなことしなくたって…」
ヤキソバ「いいんだ、いつかは必ずはっきりしなくちゃいけねぇ。だから必ずバーグさんに勝ってみせる!」
コロ「ヤキソバ…」
師匠「いい覚悟だ。オレの可愛い息子・コロッケは絶対に渡さないぜ!」
ヤキソバ「オイラだって!必ずお義父さんに認めてもらいます!」

かくして戦いの火蓋は切って落とされたのであった…

続かない。


+++++


えーと、ヤキソバの口調ってどんなんでしたっけ?(調べろ)
いやー、ありえないですよ…色々…
ちなみにこの式の最中、フォン兄さんは一人でやけ酒飲んでると思われます。
彼に式場に殴りこむ度胸はないと思う(ひどい)
本当にありえないです…こんなことがあっていいものでしょうか。

ええ、でもヤキコロはいいんです。ありえないので。
問題は食べ物同士の婚姻が可能だってことですよ。
つまりウスターソースとリゾットで婚姻届出してもいいんですよね!?
私、ちょっと役所まで二人の婚姻届をもらって提出しに行って来ます!(笑)
別窓 | ウスリゾ関連 | コメント:0 | ∧top | under∨
| DreamingSunday |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。